つなぎ融資をする前に知っておきたいアレやコレ。

マンション売却して新たに購入する際のつなぎ融資について

現在所有しているマンション売却し、住まいを買い替える時にはマンションの住宅ローンが残っているケースがほとんどです。その場合には、所有マンションの売却代金で住宅ローンを完済し、新たな購入先の代金に充てるというのが一般的です。しかし、買い主側も住宅ローンを借りて購入するというケースが多くあります。こういうケースはよく見かけられますが、売り主側の抵当権を先に抹消する必要があるので、その間つなぎ融資を利用することになります。ただし、つなぎ融資には、金利負担や諸費用が発生しますので、できれば利用したくないというのが本音です。つなぎ融資を回避するには、同時決済を利用します。同時決済とは、マンション売却側の抵当権抹消、所有権の移転登記と買い主側の抵当権設定登記と住宅ローンの融資の実行を同一の日に行うことです。ただし、同時決済を行うには、マンション売却側と買い主側のローンを扱う金融機関、不動産会社の調整が必要になります。間違いなく実行できるように事前に相談しておく必要があります。