つなぎ融資をする前に知っておきたいアレやコレ。

つなぎ融資を借りる場合のデメリットについて

通常、住宅ローンを借りて家を購入する場合には、既に完成している物件を購入する場合には問題ありませんが、一戸建てを購入する場合には、着工金や中間金の支払いが発生します。自己資金で賄えればよいのですが、そうでない人がほとんどです。その場合には、つなぎ融資を受けることになります。つなぎ融資とは、その名の通り、物件が完成し住宅ローンがでるまでのつなぎのローンのことです。住宅ローンが出ると完済されます。ただし、つなぎ融資にはいくつかのデメリットがあります。まず、どの銀行でも提供しているわけではなく、住宅ローンを借りる予定の銀行が提供しているかどうか事前に確認しておかなくてはなりません。従って、金利の低い銀行が提供していない場合には、他の銀行を利用しなくてはなりません。また、融資を受ける訳ですから金利負担がかかるというデメリットがあります。さらに、事務手数料、印紙代、融資契約手数料などの諸費用が掛かり、これもデメリットとなります。