つなぎ融資をする前に知っておきたいアレやコレ。

フラット35とつなぎ融資の金利の違いについて

フラット35は低金利で借りることのできる住宅ローンとして人気を集めています。一般的なローンに比べるとかなり金利は低いと言えるでしょう。その理由は住宅を担保に設定するからです。しかし、担保に設定できるまでには時間がかかることもあります。このような場合にはつなぎ融資を受けなければならないこともあります。具体的には、フラット35で土地を取得し、そして住宅を建築する場合、住宅が建築されないとその建築費用をフラット35で借りることはできません。というのも、建築されていないものを担保に設定することはできないからです。それにもかかわらず、建築するときには着手金を支払わなければならいことが多いですし、中間金を支払わなければならないこともありますから、そのためにつなぎ融資を利用しなければならないケースが多いのです。つなぎ融資では担保を設定しない分だけ金利は高い傾向がありますから、短期間だけの借入にするべきでしょう。