つなぎ融資をする前に知っておきたいアレやコレ。

つなぎ融資は住宅ローン控除の対象になるのか?

住宅を手に入れるということは非常に大きな買い物となってしまうため、ほとんどの人は住宅の購入費用を住宅ローンを利用することで捻出することになります。住宅ローンでは、住宅の購入費用として高額のお金を長期の返済期間で借入れられることができますが、この住宅ローンを利用しての住宅の購入については一定の要件を満たしている場合において住宅ローン控除という制度を利用することができます。住宅ローン控除では、購入した住宅に入居をした年から十年間にわたって所得税が減税されることになります。そのため、この住宅ローン控除を受けることによって所得税の負担が軽減され、ローンの返済も多少なりとも負担が軽減されることになります。もしも、この制度を利用して住宅を購入しようと検討している人の場合、気をつけておかなければならないことがあります。それはつなぎ融資の場合には、このローンの控除という制度は利用できないということです。住宅ローンを利用する場合、実際にローンが実行されるのは入居をして登記された後となるので、その間の支払いに関しては一時的な資金を借入れるつなぎ融資を利用することになります。このつなぎ融資を年末に利用して住宅への入居をした場合、年末時のローンの残高はゼロとなるため、その年の分の控除は受けることができないのです。