つなぎ融資をする前に知っておきたいアレやコレ。

つなぎ融資における手形貸付についてご説明します。

つなぎ融資とは主に住宅ローンを利用する際に行われる融資のことです。通常では、家が完成後に引き渡しを行い、完成後に住宅ローンの融資実行という流れになります。様々なパターンもありますが、住宅ローンは抵当権設定後の融資となる場合もある為、完成から融資実行まで1ヶ月程度の期間が必要な場合もあると考えていいでしょう。この間を繋ぐ為の借金がつなぎ融資となるのです。住宅ローンでは、各メーカーと提携したもしくは懇意にしている銀行、金融会社から融資されるため、住宅ローンの審査が通っていれば、基本的には融資は可能でしょう。このように注文自宅ではつなぎ融資が必要な場合もあるので、手形貸付を行うのです。手形と言えば、企業間の取引と考える人が多いでしょう。手形貸付とは、振出人(支払義務者、家を建てる人)、手形額面の金額の受取人を金融機関(支払債権者、お金を貸す人)とする手形を作成し、期日を決め手形額面の支払い(金額の返済)をしてもらう融資のことです。この場合は、公的書類である手形が借入の証拠となり、借用証書の代わりとなります。なお、前述のように手形は、通常は企業(個人商店含む)の当座預金の開設先のみに利用されるもので、個人の方であれば金融機関借入専用の手形を利用します。少し注意すべきのは、手形貸付は手形の利息があるので、全額融資を受けられることは出来ず、手形の金額から金利を差し引いた分が融資金額となります。