つなぎ融資をする前に知っておきたいアレやコレ。

住宅ローンのつなぎ融資と約束手形について

住宅ローンでマンションや建売住宅ではなく、土地と建物を別々に購入する場合、「つなぎ融資」という方法が使われます。金融機関は建物が完成しないとローンを組むことを許してくれないため、それまでの間に土地や建物の一部代金を支払うためのものが「つなぎ融資」なのです。「つなぎ融資」は住宅ローンと違い、担保を設定する必要はありませんが、住宅ローンより金利が高いので注意が必要です。また、「つなぎ融資」を受けるためには「金銭消費貸借契約証書」という契約書を金融機関と締結しなくてはなりません。加えて、「つなぎ融資」を受けるために金融機関に提出しなくてはならないのが「約束手形」です。「約束手形」とは将来、定められた期日までお金の支払いを待ってもらうためのものです。最終的に金融機関は「約束手形」を額面から金利相当額や手数料を差し引いて、額面より購入することになります。この差額が金融機関の利益になるということです。